Skip to content

電子定款にするのは、デジタル時代の今なら当然の事

企業が定款を電子定款にするのは、デジタル時代の今なら当然の事といえます。

もし紙で定款をつくっているようであれば、その企業の将来性はかなり厳しいモノがあると考えたほうが良いかもしれません。それぐらいに紙の定款と電子定款とでは大きな差があると考えて間違いありません。まず電子定款にすると修正などの作業が確実且つ簡単にすることが出来るようになります。定款は実はかなり変更することも多くあって、そのたびにデータを修正するという事をしなければなりません。

紙の場合は一つの修正事項であっても、関連するところを全部探して修正するという事が必要になりますが、電子定款であれば一発置換であっという間に修正することも出来てしまいます。関連するところの漏れもありません。人が見でチェックをして作業をするということは漏れが出てくる事も考えられるわけで、この可能性を考えるだけでも大きな違いがあるという事になるでしょう。当然作業時間も大幅に違ってくる事になります。

チェックをするということはデータをすべて見ることが必要になりますが、電子定款であれば置換をして終わりという事になりますから、あっという間です。しかもデータはすぐに保存することが出来ますから、管理という点でも圧倒的に便利になります。紙の場合は印刷をして、それを並べてというような事をする必要がありますから、その手間を考えても大きな違いがある事がわかります。ですから紙の定款は考えられないというわけです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *