Skip to content

電子定款は専門家に代行してもらうのが良い

電子定款の作成方法を解説しているサイトがありますが、一部の人を除いて行政書士などの専門家が行っている代行サービスに依頼するのが利用方法で多いです。

依頼料の支払いがありますが、それを考慮した上で大きなメリットがあるからで、どのような特徴があるのか理解して自分はどの方法で利用するのか良いのか比較しましょう。電子定款では印紙代の4万円を節約できるとされていますが、大半の人は作成するための出費があるのでその通りにはならないです。マイナンバーカードの電子証明書を署名にしてPDFファイルに入れることになりますが、法務省で提供されているプラグインは原則でAdobeのソフトを使うためのものであり、無料のバーションには署名の機能がありません。有料のソフトは3万円以上になるので大きな出費です。

安いものもありますが、ICカードリーダライタを購入して電子証明書を読み取れるようにするため、ここでも出費が発生します。修正が必要になったときに手数料がかかってしまう場合もあるため、電話で公証人役場に連絡して時間を取ってもらい、内容をチェックしてから電子定款の認証の手続きを行うので作業も多いです。

ツールが揃っており、電子定款の作成の経験がある人であれば依頼しなくても対応できますが、そうでない場合はメリットのない方法です。依頼料は安く、電子定款以外にもサポートが用意されているので、今後の会社設立をスムーズに進めるために依頼する方が適している場合が多いです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *