Skip to content

電子定款認証代行サービスのメリットと選び方

電子定款認証を利用した場合、印紙代の4万円の節約が出来ますが、認証手続きには電子署名や証明書の添付などでアクロバットと呼ぶPDFソフトと電子カードを読み取るためのカードリーダーが必要になります。

ソフトとハードウェアを買うことを考えた場合、電子定款ではなく紙で行った方が手間や費用の節約に繋がることを覚えておくと良いでしょう。最近では会社設立の代行を手掛けている行政書士も多くなっていますが、電子定款認証代行と呼ぶものもあるのをご存知でしょうか。定款認証は会社設立の流れの中で最初に行う手続きですが、電子定款認証代行は、定款の認証手続きを電子データで行うのが特徴で、認証手続きだけを代行して貰えるサービスです。

費用は代行業者毎に異なるので比較をしておけば、ハードウェアやソフトウェアを購入して自ら行うよりも安く出来る可能性も出て来ます。さらに、役所に電子証明書の交付を求めるなども代行して貰えるため、その間は会社経営のために時間を利用出来るメリットもあるわけです。

自分で認証手続きを行うとなると、役所に出掛けるなどで時間を費やしてしまう、ソフトやハードウェアを購入することで節約出来る費用が少なくなるなどのデメリットに繋がってしまいます。その反面、電子定款の場合は印紙代が節約出来るため、この節約費用を利用して代行業者に依頼する考え方もあるなど、スポット利用が出来る代行業者を使うとメリットが活かされて来ます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *