Skip to content

これから起業をするのであれば電子定款にすべき

これから起業をするような人は定款という企業の決まり事をかいた書類を作る事になりますが、これを作成する時には電子定款にすべきです。

紙でも提出することは出来ますが、今はまずデジタルデータで定款を作る事になるでしょうから、これをわざわざ印刷する必要はありません。印刷すると紙が必要になりますし、印刷する時間も必要になり、インクも一ようになります。ですが、電子定款にすればこのような事は必要なくなって、デジタルデータをそのまま使う事が出来るようになるので、手間もかからないで便利です。

電子定款の場合は電子承認というシステムが必要になるのですが、これは代行サービスを利用することで解決することが出来ます。一回しかしない定款の作成に時間をかけることはもったいないですから、定款の作成もこの代行サービスにやってもらって、電子承認のシステムを代行サービスであれば持っているので、それを利用してもらって電子定款で法務局に提出をするようにしてもらうという事で万事解決という事になります。

なんと法務局も電子定款を推奨していて手数料を電子承認の場合は数万円も安くしてくれるという大サービスをしているので、もう電子データ以外は受け付けたくないという意思の表れと受け取った方が良いでしょう。法務局は利益を目的として受付をしているわけではありませんから、そこがこれだけの事をして電子データにするよう求めているという事は、もう紙の定款は時代遅れだといっているようなものでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *