Skip to content

電子定款作成に必要なもの

定款は会社の設立目的や組織、資本金などについて記載した文書で、会社設立にあたっての大元になる重要な書類といえます。

法律上もその設立にあたってはかならず作成しなければならないことになっています。このような定款は従来であれば紙で作成していましたが、現在では電子定款として、PDFファイル形式の電子データのままで作成し、法務局などの官公署に提出することができます。この電子定款ですが、重要書類としての性格から、いくつかの決まりごとを守って作成することが必要で、作成のために必要になる物品その他があります。

まずはマイナンバーカードを作成して所持しておくことが挙げられます。マイナンバーカードは個人番号が書かれているプラスチック製のカードですが、その申請に関しては郵便やインターネット、ほかにも街角にある自動写真撮影機などを経由することができます。マイナンバーカードの発行にはかなりの時間がかかりますので、電子定款作成に先立っても間に合うように事前の準備がたいせつです。このカードには電子証明書を搭載しておく必要があります。

住民票の住所がある自治体の窓口で手続きができ、こちらはマイナンバーカードがあれば簡単に終わります。ほかにはICカードの読み込みおよび書き込みのためのカードライター・リーダーも必要です。これも電子定款に付与する電子署名のために必要になってくるものですが、どれでもよいわけではなく、特定の機種に限定されます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *