Skip to content

電子定款による費用の節約

会社を新しく設立する場合には、その手続だけでもさまざまな費用がかかってしまいます。

一般的な株式会社の設立を考えてみると、定款を作成する際に収入印紙を貼付するので印紙税がかかりますし、公証役場で認証が必要なので手数料もプラスしなければなりません。さらには法務局において法人設立登記をする上でも、所定の登録免許税を納税することになります。こうして積算してみると、資本金などの直接的な費用以外にも、かなりの金額の負担を見込んでおくことがたいせつです。もっともこうした会社の設立関連の費用を節約する方法もあります。

たとえば電子定款を利用する方法です。電子定款というのは従来の紙ベースの定款に代えて、一定の条件のもとで作成したPDFファイル形式の定款のことを指しています。この電子定款は法律上は定款として認められるものの、紙の文書ではないために印紙税がかからないという性質をもっています。そのため膨大な印紙税の部分をまるごとカットすることができ、金銭的な面からいえばかなりの節約効果が期待されます。

電子定款を作成するにあたっても専用のソフトなどが事前にパソコンのなかにインストールされていなければなりませんが、もしもない場合には、司法書士などの専門家に依頼をするという方法もあります。この場合はいくらかの報酬は支払うことにはなるものの、自前でソフトなど一式をそろえておく必要はありませんので、結果としては安上がりになります。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *