Skip to content

会社設立のための費用はいくらかかるの?

会社設立しようと決めた時、まず最初に決めることは会社の種類です。

会社の種類には株式会社・合同会社・合資会社・合名会社の4つがあります。この種類によって、会社設立の費用が異なります。まず、株式会社の場合は定款の認証にかかる費用が5万円と設立にかかる登録免許税として15万円、合計で20万円が最低限かかります。

合同会社・合資会社・合名会社の場合は、株式会社設立のよう定款認証は必要なく、登録免許税6万円が必要です。ですから、株式会社とそれ以外の会社では14万円も差があるのです。また、合同会社は株式会社と比べてみると自由な運営をすることができます。例えば、出資額に関わらず利益の配分を決めたりすることができます。

初期出資の低さ、経営の自由度といった背景から、最近では個人経営の会社では合同会社を選ばれる方が非常に多くなってきています。また、かつては株式会社の資本金を1000万円以上用意しなくてはいけないという最低資本金制度というものがありましたが、今はそのような制度が無くなり資本金は1円からで良くなりました。

合同会社も資本金1円からで設立することができます。ですから、昔に比べて起業しやすい環境になったとも言えます。株式会社の設立には20万円、それ以外は6万円とお伝えしましたが、これは法定費用とよばれるものです。もちろんそれで全額というわけでなく他にも会社の印鑑作成等細々した費用もかかりますし、専門家に相談した場合はその費用もかかることを理解しておきましょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *