Skip to content

会社設立に掛かる費用は

会社設立は、資本金1円で作ることが可能です。

ただし、設立後5年後はは資本金を300万円まで増資して有限会社にするか、1、000万円までにして株式会社にしなければなりません。これができない場合は、解散するか合名会社または合資会社に組織変更することが要求されます。実際、会社設立にはまとまった費用がかかるものです。

公印となる印鑑作成、定款を作成し認証を受ける、登録免許税、法務局に書類を提出するといった費用、そして資本金を準備しなければなりません。具体的に、定款認証の手数料5万円、謄本代1、000円、印鑑証明書代1通450円、登記簿謄本代1通600円、定款に貼る収入印紙代4万円が必要になります。電子定款であれば、収入印紙は不要になりますので、その分のコスト削減ができます。

登録免許税として、印紙代の15万円が必要です。会社設立に必要な資本金は上限はありませんが、1、000万円未満の場合は消費税の免税を受けることができ、経済面でお得と言えるでしょう。会社設立には、株式会社と合同会社があります。株式会社は会社を所有する者と実際に経営・運営する者と別ですが、合同会社は社員それぞれが1出資者で所有者となります。

合同会社は基本的に出資者すべてに同等の権利があるため、経営方針などの意思統一が難しいこともありますが、法定費用が、株式会社の約20万円が合同会社なら6万ぐらいですみます。会社設立費用を抑えたいなら、合同会社からスタートすることも検討してみてはいかがでしょうか。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *