Skip to content

会社設立の費用について

会社設立にはいくらかかるのでしょうか?結論から言いますと、株式会社、合名会社によって大きく変わります。

株式会社ですとだいたい20万円強、合名会社なら6万円程度から設立が可能です。ちなみに合名会社とは、平成18年の法改正にて、有限会社が新たに設立できなくなった代わりに誕生した新しい会社の形です。ただ今回は、あくまでも株式会社の設立について紹介してまいります。

会社設立に必要な費用としては、大きく①資本金②法定費用③その他の費用に分かれます。資本金は以前は1、000万円以上必要でしたが、今では1円でも設立が可能になりました。法定費用は登録免許税や手数料です。定款の認証手数料が50、000円、設立にかかる登録免許税が150、000円になります。

その他に、紙の定款ならば追加で40、000円が必要です。また謄本代として、電子定款なら1、000円、紙の定款ですと約2、000円かかることになります。なるべく安く抑えたいなら、電子定款の方がいいでしょう。

電子定款での設立についてサポートしているサイトや事務所がいくつもありますので、ぜひとも探してみていただければと思います。最後のその他にかかる部分ですが、自分で電子定款を作成するとなると、AdobeAcrobat等の環境が必要になってきます。

また会社の実印作成も、印材によってだいぶ差があります。高級なものはいらないにしても、それなりのものは揃えたいものです。それ以外にも細かな諸費用は掛かりますが、概ね上記の通りと考えていたがければ結構です。ただ自分だけで会社設立はいろいろと不安なもの。会社設立についてサポートしているサイトの手を借りるか、一度専門家に相談してみるのがベストでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *