Skip to content

会社設立にかかる費用は

会社設立にかかる費用ですが、最も安いケースであれば6万円程度の金額で可能です。

一つの会社がたった6万円程度の費用で作れてしまうのかと驚く人も多いでしょうが、これは間違いではありません。ただ、誤解してはいけませんが、これはあくまで手続き面での金額だけです。言い換えれば、事業運営にかかるお金は全く含まれていません。

商品や原材料の仕入れにかかるお金とか、賃貸オフィスや賃貸店舗を構えるのに必要なお金、オフィスや店舗の内装を整えるためのお金、従業員を雇う場合の給料などは全く考慮されていませんから注意が必要です。つまり、ここでいう会社設立にかかる費用とは、会社といういわば入れ物を作るためにかかるお金です。

会社設立後にその入れ物の中で誰が何をするのか、それにはどれだけのお金がかかるのかということは一切考慮されていません。ちなみにこの6万円というのは何のためのお金なのかというと、法人登録にかかるものです。会社を設立するというのは、言い換えれば会社という法人を新しく誕生させるということであり、法人を新しく誕生させるためには登録することが求められます。

これには税金がかかり、合同会社という会社の形態であればその金額が6万円になるということです。なお、会社設立にあたっては法人登録だけでなく定款という文書を作成することも求められ、一般にはここに4万円がかかることになっていますが、これは電子的に作成することで費用不要とすることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *