Skip to content

会社設立にどれくらい費用がかかるか

会社設立にはどれくらいの費用がかかるのでしょうか。

最低でも100万円単位のお金がかかるに違いないと思う人が多いかもしれませんが、実際はそんなことはありません。合同会社という会社がありますが、この合同会社設立のケースであれば最低限6万円ほどの費用で済むことになっています。

合同会社はあまり馴染みのない会社でしょうが、馴染みのある株式会社設立のケースで考えてみると、こちらも最低20万円ほどの費用で済みます。100万円単位のお金を用意することを考えている人には肩透かしかもしれません。

このお金は一体何のためかというと基本的には定款と法人登録にかかるものです。定款は作成後に4万円分の印紙を貼ることが求められているのですが、電子的に作成することにすれば印紙は不要です。ただし、株式会社の場合には、公証人に確認してもらうことが必要で、この手数料が5万円かかります。

合同会社の場合は公証人の確認は不要ですので、電子的に定款を作成すれば定款には全く費用は発生しません。法人登録に関しては登録免許税と呼ばれる税金を納める必要があります。これは、合同会社の場合で6万円、株式会社の場合で15万円となっています。

つまり、これらを合わせて考えれば、電子定款にする前提として、合同会社の場合は登録免許税のみで6万円、株式会社の場合は公証人への手数料5万円と登録免許税の15万円で合わせて20万円になるということです。会社設立にかかる費用はこの程度です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *