Skip to content

会社設立代行で定款作成

会社設立の手続きのなかの悩みどころといえば定款の作成が挙げられます。

定款というのは会社の基本事項をまとめた書類にあたりますが、これは会社法などの法律で記載や記録が必要な事項がいくつか決まっているなど、細心の注意を払うことが必要となっています。かつては法務局に会社設立の登記を申請した際に、登記官が定款中の目的や商号などの規定を厳しくチェックしており、事業の内容と目的が一致していなかったり、地域の中に同名の会社が実在していたりすると、それだけでも登記が認められない理由となっていました。

現在では法律の改正もあって以前ほどには厳しい審査ではなくなっていますが、それでも決まりごとを知って作成しなければ却下されてしまうことはあり得ます。そこで会社設立代行のサービスを活用する方法が役に立ちます。報酬を得て実際に手続きを代行するのは一般の人ではできませんので、司法書士や行政書士などの資格を持った人たちがこのようなサービスには携わっています。

そのため定款作成において法的なミスを防ぐことができますし、それ以外にも調べ物をしたり役所に出向いたりといったさまざま手間を省略することが可能です。代行サービスを利用する際には費用的な部分も気になるところですが、たとえば電子定款の方式で依頼をしておけば、普通の紙の定款とは違って収入印紙を貼らずに済むため、印紙代を節約してその部分をサービス利用で支払う報酬に充てることができます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *