Skip to content

会社設立の代行会社を選ぶにあたっての注意点です

会社設立手続きを代行会社に依頼する事例が増えてきました。

起業直前のj多忙な時期に、書類作成や届け出などで貴重な時間を奪われるのであれば、費用をかけてでも代行会社に頼むほうが得だとの判断からでしょう。なお、料金の点だけで代行会社を選択するというのはあまりに短絡的です。

法律上の手続きさえ完了すればいいというのなら、どんな会社に依頼しても安価で会社設立が可能です。今の時代、会社設立代行は高くて5万円で受けてくれます。手数料がここまで下がったのですから、その会社が提供するサービス内容や設立後のアフターケアで選ぶのが賢明と言えます。選択の大事なポイントとして、その会社の代表者が面談して顔つき合わせて助言をしてくれるか、という基準があるのです。担当者任せにしている会社が少なくないのが現実です。事務的な連絡や確認だけならともかく、重要な決め事に際しては専門家からのアドバイスを求めるのは当然でしょう。会社設立をみずからが支えている立場の専門家のでないと、依頼者からの相談にも適切に対応できるとは限りません。

代表者が面談してくれる設立代行会社であることが必須となってくるのです。おそらく初回面談から担当者が出てきて、代表者が全く顔を出さないようであれば、今後も直接にサポートすることはないと見ていいでしょう。さらに、起業する会社の事業内容をしっかり把握した上で、その会社に合ったオーダーメイドの定款を作成する会社でなければなりません。テンプレートに会社名や住所、資本金等を入れるだけで済ませる会社も、実は少なくないのです。会社設立に関する無料相談を行っているところ多いですので、そのときに会社の姿勢を確認することが大切です。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *