Skip to content

会社設立は代行業者にお願いすべし

会社設立をするには定款を作成したり法人登記をしたりと色々な手続きが必要になります。

これらの手続きを自分でやろうと思えばできますが、書類の作成方法などをゼロから勉強すると膨大な時間を浪費してしまうことになるので、はじめから会社設立代行会社に任せてしまった方が楽でしょう。

代行会社に手続きをお任せしておけば、自分は他の業務に専念することができるので効率的です。創業時は猫の手も借りたいくらい忙しいものですから、この方法がベストでしょう。ただし会社設立代行会社といっても色々なところが存在し、なかにはちょっと怪しい業者もいるので要注意です。

例えば、ほとんどタダ同然の料金で手続きを代行すると謳っている業者がネットなどで探せばゴロゴロ見つかりますが、これには裏がある場合が多いです。裏というのは、税理士や会計士と顧問契約を結ばせることを条件にするというのがよくあるパターンでしょう。

こういうところで契約してしまうと、設立手続きは無料でやってもらえますが、顧問契約料が毎月数万円取られるはめになったりします。顧問契約との抱き合わせ販売は気をつけなければなりません。また、会社設立代行を依頼する場合は電子定款で作ってくれる業者を使った方が、料金が安くなる場合が多いです。紙の定款だと収入印紙代4万円が無条件にかかるのですが、電子定款の場合はそれが無料になります。電子定款は自力でも作成できますが、専用ソフト購入などに多額のコストがかかるので専門業者に作ってもらった方が絶対にいいです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *