Skip to content

会社設立を代行業者に依頼するメリット

現在サラリーマンとして活躍している方でも、現在の仕事のノウハウを活かして起業や会社設立を考えこともあるでしょう。

会社を設立した起業家の設立の理由は、社長になりたいや世の中に自分の事業でインパクトを与えたい、金儲けをしたいなどとさまざまです。個人事業よりも法人化することで、社会的信用度も上がり、店舗や事業所などの契約のほか、銀行などの金融機関からの融資も受けやすいなどといったことも、有利に進められます。会社設立には、さまざまな書類の作成と申請手続きなどがあり、自分自身でも行なえますが、代行業者を利用するという方法もあります。

代行業者では、定款や設立登記書類といった手間のかかる書類の作成はもちろん、登記申請や各種届出書の提出などといったことまで行なってくれるので、その時間を事業内容の検討や営業先探しなどに費やすことができるのがメリットです。通常7日から14日ほどで会社設立が完了することがほとんどですが、代行業者によっては、あらかじめ必要となる書類や印鑑などを自分で用意しておくことによって、時間短縮も可能となります。

条件によっては、最短で1日で会社設立を完了させた実績のあるところも存在しているので、自分で手続きなどを行なうよりも代行業者に依頼するほうが、時間をかけずにスムーズに設立できるというわけです。自分ひとりで会社設立するには、業者に支払う手数料は発生しませんが、必要な情報収集に時間がかかったり、許認可の申請漏れによる手続きのやり直しなどといった手間がかかりますので、代行業者に依頼するほうが効率的といえるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *