Skip to content

会社設立の代行サービスとは

多くの人がどこかの会社に就職する現代、世間には多種多様で莫大な数の会社が存在しています。

しかし、あなたはそもそも会社がどのようにして設立されているかご存知でしょうか。そこでまず、会社設立のために必要な手続きを簡単に説明していきます。会社設立の基本は、商号、本社所在地、目的、資本金や出資者、役員などのいわゆる定款という書類を作成することから始まります。

そこから、定款を公証役場に認証してもらい、出資者の口座に資本金を払い込み、更に登記書類という権利関係のものや、その他必要な書類を作成して法務局へとまとめて提出します。この審査を通ればようやく会社設立となります。会社設立の代行サービスとは、こうした種々の面倒な手続きを代わりに行ってくれることを指します。代行サービスを利用することのメリットとしては、定款などに使用する書式を用意してくれるので、印紙代が約4万円ほど安くなること、専門家が相談にのってくれるのでスムーズに手続きが進むことなどが挙げられます。

地域や企業にもよりますが、一般的な相場としては15万円から30万円ほどです。これは完全代行の場合で、部分代行であれば数千円から請け負っている業者もあります。会社設立の代行は、経営者にはなりたいけれど法的な手続きはしたくない、という方や、とりあえず自分でやってみたものの次にどうすればいいかわからない、という方に向いているサービスといえるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *