Skip to content

会社設立を代行会社に依頼することには利点があります

会社設立の手続きは、会社を作ろうとしている人自身が行うことはもちろん可能です。

ただし、膨大な量の書類を作成して、それを官庁に提出する作業をしなければなりません。書類の内容も専門的な知識がないことには、簡単に書けるものではないのです。もし内容を間違えていれば修正する必要が出てきますので、会社設立の時期が遅れてしまうことにもなりかねません。そこで会社設立の手続き代行する専門会社に依頼することが盛んになってきました。

税理士や司法書士、行政書士などといったプロフェッショナルが手がけますので、安心して一任することできます。会社設立に際しては定款などのように、発起人みずからが考えて作らなければならないものがありますが、それ以外の官公庁提出書類のすべてを一から作って、お役所まで持っていくというのはあまりに手間がかかり過ぎると言わざるを得ません。事業戦略や営業開拓など、経営者として熟考すべき課題が山積している状態で、事務処理に莫大な時間を投じることはあまりに非効率というしかないのです。

代行会社に依頼することのメリットはほかにもあります。手続きに必要な費用を安くできる、という点です。もちろん代行を頼むと手数料を支払う必要がありますが、会社設立にかかる費用の目立ったものである印紙代を節約できるのです。書面で作成した原始定款を公証役場で認証してもらうときに国に対して納める費用ですから、払わないわけにはいきません。ただし、電子文書で作成された定款の認証にあたっては不要となるのです。一般人が自分で電子定款を作詞しようとしても、専用のソフトや機器を買わなければなりませんので、不要になるはずの印紙代4万円の効果は消えてしまいます。代行会社であればそれらは整備されていますので、印紙代の節減ができるのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *