Skip to content

司法書士は会社設立事務代行のプロ

弁護士と聞くと士業の中でも最高峰の資格ですので、社会生活の中で問題が起こったとしても解決策を講じるのには頼みにくい士業であるといえます。

それにひきかえ司法書士と聞くと、頼れる町の法律家といった雰囲気があり身の回りに起きている諸問題について気軽に相談できる相手であり、弁護士よりは敷居が低いような気がします。実際にマイホームを求める際に銀行から住宅ローンを借り受けた際に銀行から紹介を受ける形で司法書士と初めて接点を持ったという方も多いのではないでしょうか。

司法書士の守備範囲は非常に広く、資金を借り受けする際の抵当権設定の代行や、遺産分割協議書の作成代行等、法律が要求する文書作成の代行が中心となりますが最近注目を浴びているのが起業家が会社設立する際のコンサルティング業務や事務代行を手掛ける分野となります。

起業家にとっては会社設立は普通に行われることであり、人生において会社設立を2~3度も実行するという人も少なくありません。司法書士は法律に基づく文書作成のプロでありますから会社設立に必要な文書を例えば定款といった役所に提出すべき文書についても、いとも簡単に作成してくれますからプロ中のプロに頼むということは時間と資金の削減に直に効果があるということになります。

文書作成の代行といいますとコストがかかり後ろ向きのように思われるかも知れませんが、実はとても前向きで効率的なオファーであると解すべきなのです。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *