Skip to content

会社設立で代行してもらうのは一般的なのか

日本は法治国家であり、公共性を有している物事を新規で始めようとする場合には何らかの法律に抵触してしまうため、その法律に則った処理を行わなければいけません。

会社設立というのも個人会社であっても一定の公共性を有しているので勝手に起業して運用を開始することができず、必要書類を作成して公的機関に申請し、その承認を得なければ開設することはできないでしょう。

この必要書類で特に大事なのは定款という書類であり、この定款とはこれから設立する会社での内部規則や運営方針、人事などの組織の構成といった会社を作る場合には重要になる事項であり、この定款を作成してその内容が法律の規定に則っているのかを判断してもらう必要があります。

実は会社設立で最も手間がかかっているのがこの定款の作成であり、承認が簡単には下されないために何度の書き直しと再提出を繰り返すという事例は多く、そのために時間と費用を要してしまいます。そのため会社設立を行う場合にはこのような書類作成に慣れている代行業者を活用することは珍しくありません。

ここで利用される代行してくれる業者とは行政書士のことであり、この行政書士というのは行政機関に提出する書類を代行して作成することを業務にしていて、定款についても作ってくれます。

重要な書類というのは無関係の第三者が作成しても受理してくれませんが、代行というのは本人からの委任状を受けて本人と同じ位置を確保して行っているため、何も問題はないのです。そのため会社設立では必要になる書類は、行政書士に作ってもらうケースが多くなっています。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *