Skip to content

専門家に会社設立の代行を依頼するメリット

意外なことに自分で行うより業者に頼んだ方が会社設立にかかる費用が少なくなります。

行政書士や司法書士に依頼した場合もそうです。なぜ安くなるのでしょうか。ポイントは電子定款です。会社設立する際、行う事業はどんなことか、また会社の住所や商号などを記載した定款というものを提示しなければいけません。従来の紙の定款の場合はその印紙代が40.000円かかります。

電子定款の場合は印紙代はかからないのですが、電子署名用の専用ツールが必要です。自分で会社を設立するならそれを購入しなければいけませんが、業者に依頼すれば必要なものは用意してくれます。

弁護士や司法書士、行政書士などに会社設立を任せることもできます。定款や登記なども代行してもらいたければ司法書士に頼んでください。登記は会社を所有する人や土地建物などを登録する手続きのことです。弁護士に任せた方が良いケースはどんなケースでしょうか。

トラブルが起きた場合は弁護士に解決してもらってください。行政書士に関しては提示する書類を作成する専門家です。建設業の認可のための書類を作成する必要がある場合などは行政書士に依頼した方が良いでしょう。中古品を扱う認可を得なければいけない場合もそうです。

その依頼料は安めですが、登記を代行してもらうことはできません。設立後の確定申告、あるいは納税に関する相談をしたいという理由で、税理士に会社設立を任せる人もいます。税理士は代行できませんが、他の士業に依頼してくれます。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *