Skip to content

会社設立の事務代行は司法書士が断然有利

司法書士は町の法律家として営業している士業ですが、その守備範囲は非常に広く、銀行等から資金を借り受けする際に、条件として抵当権の設定が義務付けられたりした際や相続が発生した際の遺産分割協議書の作成代行等の法律に対応した業務分野を手掛けています。

個人の場合ですと、住宅ローンを借りる際に保証会社の抵当権をつける場合がほとんであると考えられますが、銀行からの紹介で司法書士の先生と初めて接点をもち、その後遺産分割協議書の作成等で仕事をオファーするというケースが多いのではないでしょうか。

法律家としては弁護士や税理士、社会保険労務士、行政書士とあるわけですが、一般庶民が一番接点があるのはやはり司法書士であるといえるでしょう。その司法書士ですが、実は注目されつつあるのが、会社設立に関しての事務代行の業務となります。

世の流れとしまして起業ブームが続いているわけですが、たとえば主婦でも興味本位で始めたサイドビジネスがヒットし、会社形態にして本格的な事業に乗り出そうと考えている人も多いわけでして、その会社設立に関して設立発起人が自分自身でやるというよりは司法書士に事務代行を依頼して進めていったほうが断然に効率的であるといえます。

会社設立には会社の業務内容を記載した定款をつくる必要があるのですが、所定の書式にて記載して公証人役場にて認証してもらうことが不可欠になるのです。そのような難しい業務についてはやはりプロ中のプロである司法書士さんに代行してもらったほうが一番効率的だと判断できるでしょう。

Be First to Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *